「音楽家と陶芸家」異色のコラボ、再び

2012年12月〜2013年1月かけてに開催したアルベルト城間×仲間功コラボ展「Guitarra y Cebada」。

好評を博した「音楽家と陶芸家」の異色のコラボは、その展覧会終了から約半年後、新たなコラボレーションとして結実。

それは、ディアマンテスのニューアルバム「アルテサノ」のジャケット用うつわとして陽の目を見た。

「音楽家と陶芸家」異色のコラボ、再び

2012年12月〜2013年1月かけてに開催したアルベルト城間×仲間功コラボ展「Guitarra y Cebada」。

好評を博した「音楽家と陶芸家」の異色のコラボは、その展覧会終了から約半年後、新たなコラボレーションとして結実。

それは、ディアマンテスのニューアルバム「アルテサノ」のジャケット用うつわとして陽の目を見た。

「音楽家と陶芸家」異色のコラボ、再び

2012年12月〜2013年1月かけてに開催したアルベルト城間×仲間功コラボ展「Guitarra y Cebada」。

好評を博した「音楽家と陶芸家」の異色のコラボは、その展覧会終了から約半年後、新たなコラボレーションとして結実。

それは、ディアマンテスのニューアルバム「アルテサノ」のジャケット用うつわとして陽の目を見た。

新たなコラボへ、挑戦。

好評を得たアルベルト城間×仲間功コラボ展「Guitarra y Cebada」から数ヶ月。二人は新たなコラボレーションへ挑戦した。

新たな“モノ”が、試行錯誤と煩雑な生活の中から生み出される時、

激しい葛藤と苦悩に苛まれる。

どれほどキャリアを重ねても、その過程は避けられない。

時間と物理的な距離の制約の中、二人の盟友は、思い出に包まれた人のために、

そして、大切な人たちのために、イメージを膨らませ、苦悩と葛藤を根本的なチカラに変えて新たなコラボレーションに挑戦した。

LiVEなら届く、一瞬で。

 

EMOTION IS A MOTION. 

想いは、

動かして伝えよう。

自分たちの生活を考える。自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かをデザインすること。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこそが、私たちの考えるデジタルデザインです。デザイナーの考えるひとつひとつの未来をデジタルステージはつくっていきます。

新たなコラボへ、挑戦。 

好評を得たアルベルト城間×仲間功コラボ展「Guitarra y Cebada」から数ヶ月。二人は新たなコラボレーションへ挑戦した。

新たな“モノ”が、試行錯誤と煩雑な生活の中から生み出される時、激しい葛藤と苦悩に苛まれる。
どれほどキャリアを重ねても、その過程は避けられない。時間と物理的な距離の制約の中、二人の盟友は、思い出に包まれた人のために、
そして、大切な人たちのために、イメージを膨らませ、苦悩と葛藤を根本的なチカラに変えて新たなコラボレーションに挑戦した。

熱を、魂を込め。

新たな出発のために、二人は熱を込め、魂を込めた、、、

LiVEなら届く、

一瞬で。

手に馴染む道具でありたい。
小さくはじめて育てていくこと。
手を動かすたびに発見がある。

熱を、魂を込め。

新たな出発のために、二人は熱を込め、魂を込めた、、、

異色のコラボ、再び

限られた時間の中、制作されたコラボうつわは、ディアマンテスのニューアルバム「アルテサノ」のジャケット用素材として使用され、その撮影を仲間陶房で行った。アルバム「ARTESANO」は2013年8月に発売され大きな反響を呼んだ..。

異色のコラボ、再び

限られた時間の中、制作されたコラボうつわは、ディアマンテスのニューアルバム「アルテサノ」のジャケット用素材として使用され、その撮影を仲間陶房で行った。アルバム「ARTESANO」は2013年8月に発売され大きな反響を呼んだ..。

異色のコラボ、再び

限られた時間の中、制作されたコラボうつわは、ディアマンテスのニューアルバム「アルテサノ」のジャケット用素材として使用され、その撮影を仲間陶房で行った。アルバム「ARTESANO」は2013年8月に発売され大きな反響を呼んだ..。